インターネット的 - 糸井重里

糸井重里 インターネット的

Add: dadiry30 - Date: 2020-11-26 19:15:21 - Views: 8422 - Clicks: 28

糸井重里の著書を、『インターネット的』に読み解く、というのもアリではあるけれども、 大事なのは、インターネットではなくて、人なんだ、という要素を汲み取らなければ、 年に読んで解釈した内. 年に刊行された糸井重里さんの「インターネット的」(PHP研究所)が文庫で復刊した。情報技術としてのインターネットよりも大事なのは. 生きる勇気と元気が湧いて. 『インターネット的』糸井重里 著 『ほぼ日』の糸井重里が10年以上前に出した本ですが、これはすごいです。 フェイスブックもツイッターもなかった時代に出版されたものなのに、今のインターネット時代の根底を見事に捉えています。. ——糸井重里 本書は、発刊から十年を経て、「まるで、予言の書! 」と再評価の声が高まっている名著に、書き下ろしの「続・インターネット的」を加筆し、文庫化したものである。. PHP研究所 糸井重里. まず、『インターネット』と『インターネット的』の違いが書かれています。 『インターネット的』な生活を送るのには、インターネットすらいらないかもしれない、と筆. 糸井 重里(いとい しげさと)さん。日本のコピーライター、群馬県前橋市出身。エッセイスト、タレント、作詞家。様々な仕事をしている糸井さん。 最近あらためてコピーを眺めていたら楽しくなってしまい、簡易ながらまとめてみました。.

『豆炭とパソコン―80代からのインターネット入門』(糸井重里) のみんなのレビュー・感想ページです(16レビュー)。作品紹介・あらすじ:超人気webサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』の大好評連載。80代からのインターネット入門に、書き下ろしを加え、待望の単行本化! 糸井重里は改めてすごいなあ。 p29-30の以下の記述など、今のクックパッドそのものではないか。年の本なのに。 家庭料理というのは、インターネットにとても向いている情報だと思いますね。実に具体的に効率よく情報が伝えられる。. Download it once and read it on インターネット的 - 糸井重里 your Kindle device, PC, phones or tablets. 糸井重里といえば、コピーライターとして有名で、徳川埋蔵金とMotherが印象に残っている。エンターテイメントの人というのが私の認識で、まぁ、大きく外れてはいないと思われる。 この本はその人が書いたインターネット的なものについての本だ。. 【ホンシェルジュ】 あるときはコピーライター、あるときはタレント、いやエッセイスト?そして年現在はインターネットメディア「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)を主宰・運営する糸井重里。今回はそんな糸井の著作から、仕事に焦点を当てて5冊紹介したいと思います。. Use features like bookmarks, note taking and highlighting while reading インターネット的 PHP文庫 (Japanese Edition). 知らないで使っているインターネットの特徴を理解したうえで、自分は何をするのかを考えることが大事だなと再確認。.

インターネットと言う言葉がなんだか懐かしくって、思わず手にとった。 インターネットと言う言葉には、なんだか自由で開放的で可能性を感じる響きがあった。 そして年に書かれた本書は、しがらんだセケンをブレイク・スルーしようという思考とその希望に満ちている。. エピローグ 「インターネット的」時代のゆくえ インターネット的 / 糸井重里 <電子版> - 紀伊國屋書店ウェブストア 当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要があります。. 糸井重里が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」のお店のページです。「店舗」であり「ギャラリー」であり「イベント会場」である「tobichi」では、いつもおもしろいことが、ハングリーに行. ショッピングで売れ筋商品を探す 5のつく日キャンペーン インターネット的 PHP文庫作者:糸井 重里発売日: /11/21メディア: Kindle版kindleunlimited 要約すると? 「インターネットがあることで考え方が変わるよね」 ということを言っている この本のベースは年に出ていて、コスり直されたもの 現世のインターネットがこの本に書いてんじゃ. インターネット的 糸井重里 著 読んだ本 年の本なのですが、コミュニケーションのありかたや情報発信のありかたについて書かれているので、今でもすべてがとても「ウンウン」とうならずにいられない内容ばかりでした。. 東京都知事候補者の政見放送をクリップした動画が、YouTubeなどに投稿され、東京都選挙管理委員会が政見放送の公平性が確保できないとして、投稿サイトの管理者に削除の要請をしていることを、4月5日の読売新聞が報じていました。詳しいことはわからないけれど、政見放送の公平性や著作権.

だれも教えてくれなかった「インターネット的」世界の秘密がこの一冊に。 インタ-ネット的 / 糸井 重里【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア 当サイトを正常に閲覧いただくにはJavaScriptを有効にする必要が. インターネットのディスプレイ画面を見つめている人は、根本的なところで孤独。 人間にとって「孤独」は、前提。「ひとりぼっち」は、当たり前の人間の姿。 "Only is not lonely”ってこと、と言いたい気持. ⇒ 「糸井重里 文庫 特集」 楽天市場で売れ筋商品を探す 5と0のつく日は楽天カードでポイント5倍 ⇒ 「糸井重里 文庫 特集」 Yahoo! Amazonで糸井 重里のインターネット的 (PHP文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。糸井 重里作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またインターネット的 (PHP文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. ぼくが、インターネットにのめり込んでいったのは、年ごろ。 糸井重里さんが主催する「ほぼ日刊イトイ新聞」を見つけて以降でした。. キャッチコピー一覧 糸井重男さんが作ったキャッチコピーまとめ. 糸井重里は「良くない」とは思うんだけど嫌いではないような気がする。 この本は書かれた当時はあまり読まれなくて、10年以上経って話題になって文庫化(年11月)された本なんだそうだ。. 糸井重里氏の著書『インターネット的』のKindle版が発売されていたので改めて読み返してみました。本書はインターネットの特徴である「リンク」「フラット」「シェア」という3つのキーワードから、それを使う人々の考え方や価値観、社会がこれからどう変化していくかを、自らが主宰する.

以前、書いた、『インターネット的』(糸井重里・著)を、 和歌山旅行の間に読みました。 前回のエントリでは、『予言』『糸井的になる』って言うようなリアクションが、 どうも、僕の感じてきた、(外. 糸井 重里『インターネット的』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。「おいしい生活」「不思議、大好き」等のコピーで一世を風靡した糸井重里。今や一日35万アクセスを誇る『ほぼ日刊イトイ. 新書) インターネット的 /// 糸井 重里(著) PHP新書年・第1刷。定価 0+税表紙カバーに多少の擦れなど見られますが破れダメージ等はございません。(カバーにシワが多いです)発送方法はゆうパケット 0(窓口のため~2日位. 天理大学 生涯教育専攻 課題図書 糸井 重里 『インターネット的』 PHP新書(161) / 年 / 236頁 / 0 / isbn:. 価格 792円(本体720円+税) 発行年月 年11月.

図書館の返却棚で目に止まったので手に取った本です。著者は、あの糸井重里氏、元の著作は年の出版、もう10年以上前のものです。年といえばインターネットの急拡大からそのバブルが弾けようとしていた時期ですが、その頃、糸井氏は「インターネットの世界」をどう捉えていたのか. &0183;&32;インターネット的 PHP文庫 (Japanese Edition) - Kindle edition by 糸井 重里. PHP文庫 い74ー2. インターネット的 (php文庫) インターネットではなくて、「インターネット的」という風に表現したあたりも、とてもらしい部分です。 私のブログで紹介する1冊目の書籍として、これほど相応しい本はないと思っています。. “インターネット的”とは何か、社会はどう変わるのか―。本書は『ほぼ日刊イトイ新聞』を始めた当時の糸井重里が、インターネット登場後の世界について考察したもの。パソコンすらいらない、「消費者」なんていない、自分を他人にするゲーム、寝返り理論、消費のクリエイティブ、妥協. 糸井 重里(いとい しげさと、1948年(昭和23年)11月10日 - )は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家。 株式会社ほぼ日代表取締役社長。 株式会社エイプ代表取締役。 フィールズ株式会社社外取締役。妻は女優の樋口可南子。 愛犬はジャック・ラッセル・テリアのブイコ. 糸井 重里『インターネット的』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。. 今週読んだのは、「インターネット的」という糸井重里さんの本です。 この本は、10年以上前に出版されているにも関わらず、インターネットが「コンテンツイズキング」や、「プラットフォーム至上主義社会」になると、予言の書のように書かれており、今も話題になっているようです。.

2 giorni fa &0183;&32;糸井重里が主宰するウェブサイト。1998年6月6日創刊以来、一日も休まず更新しています。糸井重里の日替わりエッセイ「今日のダーリン」/有名無名を問わずたくさんのゲストが登場するコンテンツ/85万部を売り上げる「ほぼ日手帳」などのグッズも発売中。. ⇒ 「糸井重里 文庫 特集」 Amazonで商品を探す。Amazonプライム会員は送料無料! インターネット的 (php文庫) 糸井氏は1998年以来、ほぼ日刊イトイ新聞を主宰、インターネット登場後の世界について考察したものだが、 読む者は、この十年間に起きた変化の本質を、 そしてこれからのことまでをも、十年前のこの本によって 知ることになるだろう。. 書いてくます。 糸井重男さんて? 糸井 重里(いとい しげさと、1948年11月10日)は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家。 株式会社東京糸井重里事務所代表取締役社長。. “インターネット的”とは何か、社会はどう変わるのか―。本書は『ほぼ日刊イトイ新聞』を始めた当時の糸井重里が、インターネット登場後の世界について考察したもの。パソコンすらいらない、「消費者」なんていない、自分を他人にするゲーム. 糸井: してみたいですね、そういう話を。 あの、最近、ぼくが感じているのは、 インターネットというのは、 「形のないものをやりとりしている」 ということなんですね。 たとえば近代までというのは 基本的には唯物史観の時代だったと思うんです。.

〈糸井重里氏とその周辺の人々は、震災&原発事故以来、人々が「正義」を語ることや、政治的にふるまうことを時にはあからさまに時にはやんわりと攻撃し続けている。私はその立場にいつも強い違和感. 糸井重里(以下、糸井) はい、『インターネット的』。 インターネット的 PHP新書 加藤 この本が刊行された当時、ぼくはアスキーという出版社で働いていて、雑誌の書評欄でとり上げさせていただいたん. 「インターネット的」 糸井重里 定価: ¥ 792 糸井重里 本 book 文庫 文学 小説 インターネット的社会の未来像を示し、発刊から十余年を経て「予言の書」と称される名著。巻末に「続・インターネット的」付き! 書店で購入し一度だけ読みました。. インターネット的なつながりの中で考えることは楽しい 糸井重里が初めてコンピュータやインターネットに接したときの驚きに満ちた、新鮮な、深い考察がぎっしり詰まった本だ。 いま読んでも古くないどころか、日常をこれらの仕組とともに生きる現代.

インターネット的 - 糸井重里

email: osanyx@gmail.com - phone:(673) 557-5597 x 5060

東北 ’03~’04 - JTB - IGファルベン フォルカー

-> 智辯学園和歌山高等学校 平成24年
-> 大あたりコインゲームのなぞ - デイヴィッド・A・アドラ-

インターネット的 - 糸井重里 - 教師たちの記録


Sitemap 1

「冒険ダン吉」になった男 森小弁 - 将口泰浩 - 久保田収 八坂神社の研究